スタッフブログ/ 新着情報

これからは電気を蓄える時代?!

ただ今ダイエットのために朝とお昼を抜いております^^でも夜帰宅するときに倒れそうになるのでなんか食べよっかな~^^
お世話になっておりますブログ担当MORITAです。
外壁塗装・エコキュートに関するお悩み有りませんか?太陽光発電されてる方には必需品となってきている蓄電池の事が聞いてみたいとか、パネルが汚れて来ているんだけど工事した会社に連絡が取れないとかお悩みは無いですか?色々な相談ご質問は、エコテックにお気軽にご相談ください!(大阪・京都・兵庫・奈良)


施工事例の中でも書きましたが今問題になりつつある太陽光発電の2019年問題は太陽光発電を設置されている方の重大関心事項となっています。

ご存じでない方のために再度簡単なご説明をしておきます。

国が推し進めてきた再生エネルギー来たる2019年には2009年11月に始まった太陽光発電の余剰電力買取が来年の末には買い取り義務期間の10年を満了することになります。

固定価格による買取義務が終了するからと言って、余剰電力を売ることがまったくできなくなるというわけでは無く経産省は、電力会社との相対取引は可能であるとしており、また市場価格による売電、買電することは可能であると言っています。

しかし、この10年間と同じような高い単価で買い取ってもらえるとは考えられません。買取価格は大幅ダウンするでしょう。
2009年までに買い取り申込された方は48円/1kwhでの買い取りですがなんと10~11円/1kwhなるとも言われています。

それどころか最悪電力会社に取引を拒否される可能性もあるのです。そうです住宅用の太陽光発電は小規模な発電設備が大量に存在し取引に手間がかかる上に、どれだけの買取電力量になるか予測しづらいため、電力会社が積極的に買い取るとは考えにくいのです。

なので買取期間終了後は、安い価格で売電するよりも、発電した電気を自家消費する人が増えるのは必然のな流れと言っても過言では無いでしょう。

その際に活用できるのが蓄電池です。災害時への備えや電気料金の節約にもつながるうえ、買取期間終了後には、昼間に太陽光で発電し使いきれなかった電気を蓄電池に貯めておき、夜間に放電して使用すれば、買う電気の量を減らせ電気代を削減できます。

また、2019年問題対策としてもう一つ注目されているのが「エコキュート」です。
ヒートポンプを利用した電気給湯器のことで、現在利用中の人は電気代の安い深夜電力を利用してお湯を沸かしていると思います。
しかし買取期間終了後の推奨は、自家消費方法は現在と逆な使用方法、すなわち太陽光発電を利用して昼間に運転することで、電気を熱に変えて貯めておくといった使い方をすることで固定価格での買取が終了したあとも、売電から自家消費へと切り替え、太陽光発電を続けることのインセンティブとなることが見込まれるのです!

皆さんも太陽光発電をされておられるようでしたらこれを参考にしてみてくださいね^^


大阪・京都・兵庫・奈良でエコキュート取替、蓄電池、電化工事、屋根塗装、外壁塗装、防水工事等をお考えの方は株式会社エコテックにお任せください。電化工事・外壁塗装の専門アドバイザーがあなたにあったライフスタイルをご提案いたします。